牛田の街をもっと知ろう
年 月 寄贈内容 相手先
H.14年5月 桜の苗
牛田公園
H.15年9月 苗棚ほか
牛田集会所横
H.16年8月 車椅子
老人ホーム
H.17年1月 花苗
野菊の会
H.17年10月 ドッジボール
小学校
H.19年3月 図書
小学校
H.20年1月 ドッジボール
小学校
H.21年3月 体育資材
小学校
H.22年3月 AED
社会福祉法人
(うち助成金280,000円)
H.22年3月
小学校
H.23年3月 スポーツ用品
小学校
牛田商店街振興組合 リサイクル推進委員会
牛田商店街青年部は、アルミ缶を牛田の色々な場所に空き缶回収ボックスを設置し、リサイクル活動をしております。
また、この回収のした収益金により老人ホームに車椅子をを寄贈したり、牛田地域に役立つ活動の資金にしております。
是非、アルミ缶をリサイクルしてください。
アルミ缶リサイクルにあたってのマナー
 1・缶の中を水ですすいで下さい
    (中身が残っていると夏など特に臭いが発生いたします)
 2・できれば小さくつぶして下さい
    (回収ボックスに沢山入るように)
 牛田新町の有志6人が地域環境を守るために、ゴミの減量に協力しようと昨年12月に資源リサイクルに取り組む「牛田新町4Re友の会」(代表横田武彦)を結成しました。

 ノーベル平和賞受賞でケニア環境副大臣のワンガリ・マータイが使った「もったいない」の言葉に感動したことがきっかけでした。 
 地元住民をはじめ地元や市内の企業の方々から協力を得て約30ヶ所のステーションに空き缶、新聞、雑誌などの資源ごみを搬入してもらっており、4月下旬の回収量は2トントラック3台分でした。

 これからの資源ごみは業者に回収、換金してもらい、地域の福祉向上、コミュニティーの活性化などに役立てたいと考えられています。

牛田地域通貨映画祭りを行なう

8月29日(火)、広島光明学園の園児や近隣からの参加者が集まり、まちの通りなどに落ちているゴミを持ち帰ると地域通貨がもらえるイベントが行なわれました。 

 一人一枚ずつもらった地域通貨でジュース・手作りクッキーと交換でき、映画を見ることができます。いい行いをすればいいことが待っている貴重な体験ができました。